マイカーローンの契約手順

緑の車

車を購入しなければならなくならなくなった時、購入資金をどうしようかと悩んでしまうことがあるかと思います。

そのようなときに活用したいのがマイカーローンです。

マイカーローンは新車のみならず中古車やバイクの購入にも利用できることが多いです。

更に修理や車検費用、オプションのカーナビなどの費用にも利用できるものがあることから、車を利用する上で非常に使い勝手の良いローンです。

そんなマイカーローンを申し込む際、最近ではWebや郵送など店舗に出向かず完結できるものが多くなっています。

 

WEB申し込みの方法

Web上で手続きをする場合の手順は、まずマイカーローンを申し込みたい銀行などのホームページを表示して申し込みをします。

しばらくすると審査結果がEメール、あるいは電話や郵送されてくるので注文書や収入証明書など必要書類をWebや郵送で送付します。

すると手続きが完了し、支払い元に振り込まれる形で支払いとなります。

業者によっては事前審査と本審査という審査が必要となる場合もありますので事前に把握しておくと良いでしょう。

申込基準を満たしているか確認し、返済計画をきちんと練って賢く利用したいものですね。

 

生まれ育った地元の地銀でマイカーローン組んでみました

免許証

僕は子供の頃から車が好きでした。

当時好きな車は日産のスカイラインという車。

高校生になり、車の免許を取得し、いざ車を購入するぞと意気込んでも現実は簡単なものではないとこの時点で気づきました。

まず車を買うのは現金でという考えしかありませんでした。

当時そんな車を買うほどの余裕はとてもなく、親に相談しても絶対買えないの一点張りでした。

そこで初めてマイカーローンというものを知りました。

最初はローンを組めば高い車でも月々数万円の支払いで乗ることができるのでいい制度だと思っていました。

なので300万円借りて絶対スカイラインを買おうと思っていました。

ですが、親しい車屋さんに相談すると、さすがに免許取り立てで300万円ローンを組むのは後々大変だし後悔すると言われ悩みました。

維持費もかかるし利息の事も考えると現実的ではありませんでした。

結果として車のランクを下げ80万円のローンを組みました。

支払いのプランをいろいろ考えてもらい、無理なく一番無難なプランにする事ができました。

初めてローンを組む若者にもありがたい制度だと思いました。

車好きの僕はこれによって少しでも若者の車離れを阻止する事ができればいいのになと思いました。